太陽光発電を東京で導入するための知識など

東京都が太陽光発電システム設置のための「屋根貸し」事業を促進

土地が狭いためメガソーラーなど大規模な太陽光発電システムを導入するのが困難な東京都では「屋根貸し」事業の促進に力を入れ初めています。

 

都が主導で屋根の貸し付けを希望する建物所有者と太陽光発電事業者のマッチングを行い、セミナーや相談会も随時行っています。
太陽光発電システムの設置やメンテナンスは太陽光発電事業者が行うので、建物所有者に経費などは発生しません。そして、発電した電気はすべて電力会社に売電され、その一部が建物所有者に賃料として支払われるという仕組みです。

 

対象になるのは、日照条件が良好で、150平方メートル以上の設置面積がある建物。貸し付け期間は20年を基本としています。
現行の再生可能エネルギーの固定買取制度の期限が20年間となっているのに合わせたカタチです。

 

現在、登録されている太陽光発電事業者はシャープやソフトバンクグループのSBエナジーなど大手も含めて35社で、これからますます増えていく見込みです。

太陽光発電協会(JPEA)が創設した「PV施工技術者認定制度」で初めて認証研修機関が認定された。
この制度は住宅用太陽光発電システムの施工における品質の向上を目的としている。

 

太陽光発電システムの一般家庭での導入が加速度的に増えている現在だが、対して施工を担う業者の技術者不足が危惧されている。
太陽光発電を取り扱う業者は増えているが、実際に現場で作業するにはマンパワーが不足気味であるという。ともすれば、経験不足が施工の不具合を招きトラブルに発展する事例が頻発しているのだ。
そういった事態を防ぐためにも若手技術者の育成は急務である。

 

現在、太陽光発電に関する資格制度が増えている。
「太陽光発電アドバイザー」や「太陽光設計士」、「太陽光発電施工者」などだ。
それらの資格試験にともなってセミナーなども行われている。

 

技術職なのでもちろん現場での経験が大事だが、どんどんと進化をする太陽光発電システムに技術者の知識が追いつかず、それが現場で綻びとなって表れるという一面もあるだろう。
これからは行政も後進者の育成に力をいれるべきではないだろうか。

続きを読む≫ 2013/12/14 17:04:14

画像

日本での太陽光発電システムの導入率がどんどん上がっています。

 

それはもちろん太陽光発電に対する補助金制度の影響であったり、発電した電力の全量買取制度のおかげであったりもするのですが、未曾有の大災害を経験した私たちはいま、主要エネルギー源を自然エネルギーへと転換する必要性を強く感じているのではないでしょうか。

 

最近、大型ショッピングセンターなどで屋上や壁に太陽光発電システムのパネルが設置されているのを見ることが多いと思います。

 

またコンビニなどの小型店でも屋根に発電パネルを取り付け、発電した電気を店舗で使用するという事例が増えています。

 

そして商業施設のみならず、物流センターや工場などの大きな建造物の屋根に、メガソーラー並みの発電施設を備え付ける企業も次々と登場しています。

 

様々な企業がクリーンエネルギーに注目しているのです。

 

企業の太陽光発電システムの導入が進むと、大量生産されるようになった発電パネルの価格が下がっていきます。そして、それは家庭用太陽光発電システムの価格にも影響を及ぼし、私たちが安価で導入しやすくなります。

 

いまこそ、太陽の恵みを私たちの家庭でも受け取り、自然に優しく豊かな生活を目指してみませんか?

続きを読む≫ 2013/12/14 17:04:14